natu

妊活で妊娠の知識を身につけるのは良い事

妊活で妊娠の知識を身につけるのは良い事で、妊婦に必要な栄養素は何かを知っていると自身が妊娠した時に役立ちます。

必要な栄養素の中に葉酸というものがあります。

葉酸とは、ビタミンMとも言われるビタミンB群の一種で、核酸と赤血球をつくるのに重要な役割があり、健康な新しい細胞を作る上で必要です。

ほうれん草やそら豆、レバーなどに含まれていますが、熱に弱くて壊れやすいため、不足しがちの栄養素です。

大人にも必要な栄養素だけど、新しい細胞でできている赤ん坊には大人以上に必要な栄養素です。

葉酸が注目するようになったきっかけは、平成12年に厚生労働省が妊活女性と妊婦に、葉酸を摂取するよう言うようになり、平成14年度からの母子手帳にも葉酸を摂取するよう載ったからです。

葉酸は暴飲暴食ではなく一般の食生活をしていれば、食事で摂取できて量もじゅうぶん足りますが、妊娠すると必要な摂取量が増えます。

妊娠している女性に、ほうれん草やレバーを多くとれ、たくさん食べろと言っても無理ですが、葉酸はサプリメントにもなっているので、無理に詰め込む必要はないです。”

q03

子どもの成長に必要な栄養素を摂るならば、妊娠を意識した時からが適切です

妊娠中の胎児の成長には、鉄分やカルシウムなど色々と欠かせない栄養素がありますが、その中の一つが葉酸です。

葉酸 ランキングを発表

胎児は卵子と精子の融合から、人間の子どもとして形づくられるまでに、何度も細胞の分裂を繰り返していきます。

この細胞分裂の際に、異常な分裂をしてしまうと、障害を持ったり先天性異常を持ってしまいます。細胞の分裂には、遺伝子情報をもったDNAが関わってきますが、このDNAの合成を助けるものが葉酸となります。

胎児が一番細胞分裂をする時期は妊娠3か月頃という妊娠初期です。

この時期は妊娠に気づく時期でもあるので、子どもの健康な成長を助けるならば、妊娠を意識する妊活の時期から意識して葉酸を摂りたいものです。

葉酸を必要量摂るには、ホウレンソウ一束など緑黄色野菜をたくさん摂らなくてはならないため、つわりの始まる妊娠初期には辛いものでもあります。

子どもがほしいと思った時期から、成分を濃縮させたサプリメントを上手に利用することが必要となります。

ko

より良い妊活のためのアイテム葉酸について

「妊活」とは「妊娠活動」、つまり妊娠に必要な環境作りや、過ごし方、体のケアについて学び、準備する事です。

今回はその中でも特に重要な妊娠中の食生活について述べます。

妊娠中は赤ちゃんの成長に必要な栄養素をきちんととる事が必要です。

妊娠中に不足しがちな食物繊維や鉄分、カルシウムはもちろん意識的に摂取する必要がありますが、特に重要なのが「葉酸」が入った食品です。

なぜ葉酸が必要なのか。妊娠中の胎児はとても繊細な存在で少しの外的影響や潜在的な原因により未熟児や奇形など先天性疾患となるリスクが存在します。

このようなリスクを軽減させる事ができるのが葉酸成分だという事が研究により判明しています。

葉酸を含む食品はブロッコリーやほうれん草、大豆、レバーなどですが必要量を意識的に摂取するのは難しい方もいますので、最近はサプリメントで摂取される方も増えています。

赤ちゃんの健康状態を安定させるために必要な知識をしっかり得て必要な栄養素をしっかりと摂取する事で妊活をしっかりと成功させましょう。

ss1

葉酸は妊活中や妊娠中などに摂るとよいとされている栄養素

最近よく耳にする妊活とは、妊娠しやすいからだ作りをするという妊娠活動のことです。その妊活中に摂ったら良いとされているものに、葉酸があります。

葉酸はビタミンB9で、レバーや枝豆、ほうれん草にたくさん含まれているそうです。厚生労働省も妊娠可能な女性が1日400mg摂取すると、先天異常のリスクを下げると発表しています。

葉酸は細胞の生産や再生を助け、発育を促進します。またDNAやRNAといった核酸の合成にも働きかけるので、妊活中だけでなく妊娠中や授乳期のお母さんにとっても、大切な栄養素です。

ビタミンB群は水や熱処理に弱く、半分近くが茹で汁に溶け出てしまうといわれていますので、なかなか普段の食事からは必要量を摂取することができません。

ですので、最近はサプリメントで補う方が大変増えています。サプリメントでは、女性に必要な鉄分やカルシウムなども含んでいるものが多くあります。

これらの栄養素も相まって、女性の美しさや健康にも非常に良い影響をもたらすとされています。